• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

内心(ないしん)/心底(しんそこ)/肺腑(はいふ)

関連語
胸奥(きょうおう)
心奥(しんおう)
心底(しんてい)
腹心(ふくしん)
  1. [共通する意味]
      ★心の奥深いところ。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔内心〕
      内心を打ち明ける
      内心を問いただす
    • 〔心底〕(しんそこ)
      心底から思う
    • 〔肺腑〕
      肺腑をえぐられる思いがする
      肺腑をつく
  1. [使い分け]
    • 【1】「内心」は、副詞的に用いて、心の中では、の意にも使う。「内心はらはらして見ていた」
    • 【2】「心底」は、副詞的に用いて、心から、の意にも使う。「心底憎む」
    • 【3】「肺腑」は、急所の意味で使うことが多い。
  1. [関連語]
    • (胸奥・心奥・心底(しんてい)・腹心) いずれも、胸・心の深いところ。硬い文章語。「胸奥に秘めた思い」「心奥を明かす」「心底を見抜く」「腹心の病(やまい)(=心の奥底にある心配)」◇「腹心」は、「腹心の部下」のように、信頼できること、また、そのような人の意でも使われる。
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi