• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

空想(くうそう)/想像(そうぞう)/夢想(むそう)/妄想(もうそう)/幻覚(げんかく)

関連語
幻想(げんそう)
架空(かくう)
ファンタジー
イマジネーション
イリュージョン
連想(れんそう)
  1. [共通する意味]
      ★実際には目の前に存在していない事物、現象などを頭の中に思い描くこと。また、その内容。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔空想〕スル
      ▽鳥になった自分を空想する
      空想を描く
      空想科学小説
    • 〔想像〕スル
      ▽自分の老後を想像する
      ▽おおよそ想像がつく
      想像上の動物
    • 〔夢想〕スル
      ▽将来を夢想する
      夢想
    • 〔妄想〕スル
      妄想をたくましくする
      妄想を抱く
      ▽被害妄想
    • 〔幻覚〕
      幻覚に悩まされる
      幻覚におびえる
  1. [使い分け]
    • 【1】「空想」「夢想」「妄想」「幻覚」は、非現実的なことを思い描く場合にいう。[英]a fancy
    • 【2】「想像」は、「想像していたとおりだ」のように、思い描く内容が現実的な場合にいうことが多い。[英]imagination
  1. [関連語]
    • (幻想)スル 実際には起こりえないようなことを思い描くこと。「幻想を抱く」「幻想的な絵」
    • (架空) 事実でなく想像によること。「架空の地名」
    • (ファンタジー) 幻想。「夢とファンタジーにあふれる世界」
    • (イマジネーション) 想像。想像力。「豊かなイマジネーション」
    • (イリュージョン) 幻想。幻影。錯覚。「近代絵画に込められたイリュージョンがわれわれを誘惑する」
    • (連想)スル ある物事に関連して、他の物事を思い浮かべること。「死を連想させる調べ」
  1. [対比表]
    みだらな…にふける…だにしなかったこと彼の出世は…もつかなかった熱にうなされ…を見る
    空想
    想像
    夢想
    妄想
    幻覚
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

空想の類語

  • 幻想にふける; 空想にふけりる の意
  • 現実として認められなくて、感覚に存在しない何かの心像の形成 の意
  • コールリッジが抱いた想像の一種で、忠実な想像より気まぐれで、うわべだけである の意
  • はっきりとした心の中の像 の意
  • 多くの人が嘘だと思っていること の意

想像の類語

  • 期待する、信じるまたは 看做す の意
  • 特に不確かであるか仮の根拠で信じる の意
  • 想像する; 思い描く; 心の中で見る の意
  • 心に描く; 可能であると想像する の意
  • 存在しない、あるいは、事実と異なる心像を形成する の意
  • 現実として認められなくて、感覚に存在しない何かの心像の形成 の意
  • コールリッジが抱いた想像の一種で、忠実な想像より気まぐれで、うわべだけである の意
  • わずかな情報あるいは全く情報がない状態での推測 の意
  • 多くの人が嘘だと思っていること の意
  • 不完全な証拠に基づく意見を表すメッセージ の意

夢想の類語

  • 幻想にふける; 空想にふけりる の意
  • 寝ている間に経験する の意
  • 現実にしばられない想像 の意
  • 目覚めているときにふける想像的な思考 の意
  • 多くの人が嘘だと思っていること の意

妄想の類語

  • 正反対の事実にもかかわらず誤った確信をもつこと の意

幻覚の類語

  • 誤った心的表象 の意
  • 正反対の事実にもかかわらず誤った確信をもつこと の意
  • 錯覚に基づく知覚; 重度の精神障害の一般的症状 の意
  • 幻覚症状

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi