気の毒/可哀相/不憫/哀れ/痛痛しい/痛ましい の解説 - 小学館 類語例解辞典

気の毒/可哀相/不憫/哀れ/痛痛しい/痛ましい の共通する意味

他に同情して心を痛めるさま。

英語表現 pitiable pitiful

国語辞書で調べる 気の毒 可哀相 不憫 哀れ 痛痛しい 痛ましい

気の毒/可哀相/不憫/哀れ/痛痛しい/痛ましい の使い方

気の毒 【名・形動】
かわいそう 【形動】
ふびん 【名・形動】
哀れ 【名・形動】
痛痛しい 【形】
痛ましい 【形】

気の毒/可哀相/不憫/哀れ/痛痛しい/痛ましい の使い分け

「不憫」は、自分より年下や立場が下の者に対してのみ用いる。「可哀相」も本来同様の使い方をするものであるが、近ごろは年上にも用いる。
「痛痛しい」「痛ましい」は、その人自身についてでなく、その姿やおかれた状況などについていうが、他の語よりも心を痛める程度は強い。
「哀れ」「痛ましい」は、外見から見た様子にも心情をおしはかってもいうが、「痛痛しい」は、外見についてだけいう。
「哀れ」「気の毒」には、相手をやや軽蔑(けいべつ)する意が含まれる場合がある。「こんなことも分からないとは哀れ(気の毒)な男だ」
「気の毒」は、「雨の中を運んでいただいて気の毒でしたね」のように、他人に迷惑や厄介をかけてすまなく思うこともいう。
「不憫」は、やや古風な文章語。「不愍」とも書く。
「可哀相」は、「可愛想」とも書く。

気の毒/可哀相/不憫/哀れ/痛痛しい/痛ましい の類語対比表

…話…人大学者とくらべては…真新しい包帯が…
気の毒-な○-な○-だ○-だ-
可哀相-な○-な○-だ○-だ-
不憫-な○-な○-だ--だ-
哀れ-な○-な○-だ--だ-
痛痛しい
痛ましい

カテゴリ

#人間の性質#悲喜

気の毒/可哀相/不憫/哀れ/痛痛しい/痛ましい の類語 - 日本語ワードネット

気の毒 の類語

軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意

運に恵まれない; 不運を運命づけられた、不運を伴う、または不運に終わる の意

後悔に値するさま の意

非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意

何かをした、あるいはしなかったことについて後悔、悲しみ、あるいは喪失感を感じること、あるいは表すさま の意

可哀相 の類語

軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意

何かをした、あるいはしなかったことについて後悔、悲しみ、あるいは喪失感を感じること、あるいは表すさま の意

不憫 の類語

軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意

非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意

人の苦しみへの深い理解と同情 の意

人の不幸に対する同情と悲しみの気持ち の意

哀れ の類語

軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意

非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意

非常に劣った品質または状態の の意

人の苦しみへの深い理解と同情 の意

痛ましい の類語

軽蔑と哀れみが混合した刺激 の意

非常に不幸な; 惨めさでいっぱいの の意

非常に悲しい; 特に、悲しみ、死、または破滅などに関わる の意

深い悲しみ、または苦悩をもたらす、あるいはそれらを特徴とするさま の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi