あっけらかん/けろりと の解説 - 小学館 類語例解辞典

あっけらかん/けろりと の共通する意味

物事にこだわらず、平然としているさま。

国語辞書で調べる あっけらかん

あっけらかん/けろりと の使い方

あっけらかん 【副・形動】
▽どんなに悪口をいわれてもあっけらかんとしている ▽あっけらかんとした性格
けろりとする 【副】
▽しかられてもけろりとしている

あっけらかん/けろりと の使い分け

「あっけらかん」は、本来なら恥ずかしいと思われる行為を、恥ずかしげもなく行うような平然とした態度をさすことが多い。「あっけらかんと」の形で用いる。
「けろりと」は、何事もなかったかのように、平然としているさまをさす。「けろっと」ともいう。
二語とも、批判的な意味合いをこめて使われることも多い。

カテゴリ

#人間の性質#安心・満足

あっけらかん/けろりと の類語 - 日本語ワードネット

あっけらかん の類語

ぼんやりした、あるいは気を取られている態度で の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi