• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

案じる(あんじる)/憂える(うれえる)

  1. [共通する意味]
      ★あれこれ気にかけて心配する。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔案じる〕(ザ上一)
    • 〔憂える〕(ア下一)
  1. [使い分け]
    • 【1】「案じる」は、心にかけて、どうなるだろう、どうだろう、と心配することをいう。小さなことから大きなことにまで広く使う。「案ずる」ともいう。
    • 【2】「憂える」は、なんらかの材料から、良くない状態になりはしないかと心配になるときにいう。「案じる」より、悪い状態を意識して嘆きの気持ちを含んだ語。また、良くない、思わしくない状態に心を痛め、嘆く意もある。
  1. [対比表]
    事の成り行きを…病状を…おからだを…ています世相を…
    案じる-じ○
    憂える-え-
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

案じるの類語

  • 慎重に思い遣る; 考慮する の意
  • よく考える、慎重審議する の意

憂えるの類語

  • ありそうな、または可能性のある状況や出来事について恐れている、心配または不安を感じる の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi