• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

恋う(こう)/慕う(したう)

関連語
偲ぶ(しのぶ)
  1. [共通する意味]
      ★愛情を感じて心がひかれる。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔恋う〕(ワ五)
    • 〔慕う〕(ワ五)
  1. [使い分け]
    • 【1】「恋う」は、恋する意と、懐かしくあこがれる意とがあり、後者の場合の対象は人でなくてもよい。現在は離れているので、強いあこがれを感じる場合に用いる。
    • 【2】「慕う」は、既知の対象で、それに近づきたくて切ない気持ちになる意。現実にそばにいる場合にも用いる。また、「彼の芸風を慕う」のように、徳やすぐれた行いを範とし、ならおうとする対象にも用いる。
  1. [関連語]
    • (偲ぶ) (バ五)遠く離れた時、場所、人などを懐かしむ。「恋う」「慕う」にくらべて、求める気持ちは激しくないが、しみじみと思う気持ちがある。「死んだ友を偲ぶ」「故郷を偲ぶ」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    母の面影を…故郷を…冬山を…やさしい先輩を…
    恋う
    慕う
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

恋うの類語

  • 欠落によって苦しむ、またはそれを感じる の意

慕うの類語

  • 大きな愛情または好みを持つ の意
  • に夢中である、心を奪われる の意
  • 欠落によって苦しむ、またはそれを感じる の意
  • 賞賛を感じる の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi