• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

うとむ/忌む(いむ)/うとんずる

関連語
嫌気(いやけ)
  1. [共通する意味]
      ★嫌って避ける。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔うとむ〕(マ五)
      ▽皆からうとまれる
      ▽上司にうとまれて左遷される
    • 〔忌む〕(マ五)
      ▽葬式は友引の日を忌む
      ▽不正を忌む
    • 〔うとんずる〕(サ変)
      ▽老人をうとんずる
      ▽父にうとんぜられる
  1. [使い分け]
    • 【1】「うとむ」は、気に入らなくて遠ざけようとする行為をいう。「疎む」とも書く。
    • 【2】「忌む」は、信仰上・縁起上で悪いとして避ける意。また、嫌悪する意でも用いられる。
    • 【3】「うとんずる」は、軽視して相手にしない意もある。「疎んずる」とも書く。「うとんじる」ともいう。
  1. [関連語]
    • (嫌気) 相手を嫌う気持ち。「厭気」とも書く。「いやき」ともいう。「嫌気がさす」「嫌気を催す」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

忌むの類語

  • 激しく嫌う; 反感または嫌悪を感じる の意
  • とても不快だと思う の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi