恨み/遺恨/怨恨 の解説 - 小学館 類語例解辞典

恨み/遺恨/怨恨 の共通する意味

相手の仕打ちを憎く思ったり、不平・不満を感じたりすること。また、そのような気持ち。

英語表現 a grudge

国語辞書で調べる 恨み 遺恨 怨恨

恨み/遺恨/怨恨 の使い分け

「遺恨」は、いつまでも残る恨み。
「怨恨」は、「怨恨による殺人」のような、きっと報復してやると思う深い恨み。
「恨み」には、「相手の力を過小評価したうらみがある」のような不満や残念に思う意味もあり、この場合は「憾み」とも書く。

恨み/遺恨/怨恨 の関連語

逆恨みする
恨みに思う人から、逆に恨まれること。また、人の好意を悪くとってかえって恨むこと。「忠告したら逆恨みされた」
私怨する
個人的な恨み。「私怨を抱く」
怨念
相手を深く恨む気持ち。「無実の罪をきせられた怨念を晴らす」「死者の怨念」
恨めしい 【形】
不満、嘆きなどが心の中にわだかまって、恨みたいような気持ちである。自分自身に対しても用いる。「怨めしい」とも書く。「裏切った恋人が恨めしい」「自分の才能のなさを恨めしく思う」

恨み/遺恨/怨恨 の類語対比表

…を晴らす…を抱く人の…を買う…を残す
恨み
遺恨
怨恨

カテゴリ

#人間の性質#愛憎

恨み/遺恨/怨恨 の類語 - 日本語ワードネット

恨み の類語

深くにがにがしい怒りと敵意 の意

報復を正当化するほど強い憤り の意

他者が苦しむのを見る必要性を感じること の意

遺恨 の類語

深くにがにがしい怒りと敵意 の意

報復を正当化するほど強い憤り の意

他者が苦しむのを見る必要性を感じること の意

怨恨 の類語

恨めしいと感じる、あるいは憤然たる思いをする の意

深くにがにがしい怒りと敵意 の意

報復を正当化するほど強い憤り の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi