• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

恩愛(おんあい)/慈愛(じあい)/慈悲(じひ)/いつくしみ

  1. [共通する意味]
      ★下の者、弱い者にめぐみや心をかけ大切にすること。また、その心。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔恩愛〕
      ▽親と子の恩愛のきずな
      恩愛の情
    • 〔慈愛〕
      慈愛にみちたまなざし
    • 〔慈悲〕
      慈悲をかける
      慈悲深い人
      慈悲を乞(こ)
    • 〔いつくしみ〕
      ▽母親のようないつくしみの心
  1. [使い分け]
    • 【1】「恩愛」は、特に親子の間の情愛をいう。「おんない」とも。
    • 【2】「慈愛」は、親が自分の子供に対するような深い愛情をいう。
    • 【3】「慈悲」は、元来は仏教語で、衆生をいつくしみ、楽を与える慈と、衆をあわれんで、苦を除く悲の意。
    • 【4】「いつくしみ」は、愛情をもってかわいがること。「慈しみ」とも書く。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

恩愛の類語

  • 人々に対する優しく寛大な態度 の意

慈愛の類語

  • 敬意と愛情の混じった強く前向きな感情 の意
  • 好意を持っているという積極的な気持ち の意

慈悲の類語

  • 親切と善意を意味する、または、示す行為 の意
  • 苦痛を和らげること; 苦しむものに大きな慈愛を示すこと の意
  • 親切心と思いやりのある傾向 の意
  • 人の痛みを理解し、何かをしてあげたいという、人道的な性質 の意
  • 親切、あるいは慈悲深い行いをする傾向 の意
  • 良いことをする意向 の意
  • 人の不幸に対する同情と悲しみの気持ち の意
  • 同情を誘う気持ち の意

いつくしみの類語

  • 好意を持っているという積極的な気持ち の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi