哀憐/憐憫 の解説 - 小学館 類語例解辞典

哀憐/憐憫 の共通する意味

かわいそうに思うこと。また、そのあわれみの気持ち。

英語表現 pity pitiable, pitiful《形》

国語辞書で調べる 哀憐 憐憫

哀憐/憐憫 の使い方

哀憐
▽親を亡くした幼子に哀憐の情を抱く
憐憫
▽彼女への思いは愛ではなく憐憫だ ▽憐憫の情

哀憐/憐憫 の使い分け

いずれも、力の弱い者や不幸な境遇にある者などをあわれに思うことをいう。
「憐憫」は、情けをかけることもいう。「憐愍」とも書く。

哀憐/憐憫 の関連語

愛憐
いとおしくてあわれに思うこと。また、そのいとおしむ気持ち。「心に愛憐の情を起こさせる」

カテゴリ

#人間の性質#愛憎

哀憐/憐憫 の類語 - 日本語ワードネット

哀憐 の類語

処罰を与える任にある人物や機関によって、犯罪者に対して示される寛大さや同情 の意

苦しみを共有する の意

人の不幸に対する同情と悲しみの気持ち の意

同情を誘う気持ち の意

憐憫 の類語

処罰を与える任にある人物や機関によって、犯罪者に対して示される寛大さや同情 の意

人の痛みを理解し、何かをしてあげたいという、人道的な性質 の意

人の苦しみへの深い理解と同情 の意

人の不幸に対する同情と悲しみの気持ち の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi