せびる/ねだる/せがむ の解説 - 小学館 類語例解辞典

せびる/ねだる/せがむ の共通する意味

相手との関係を利用して強く要求する。

英語表現 to importune

国語辞書で調べる せびる ねだる せがむ

せびる/ねだる/せがむ の使い方

せびる 【ラ五】
▽総会屋が寄付をせびる
ねだる 【ラ五】
▽褒美に時計をねだった ▽夫に洋服をねだる
せがむ 【マ五】
▽妻にせがまれて芝居見物に行く

せびる/ねだる/せがむ の使い分け

「せびる」は、相手とのかかわりをいいことに、金銭などを無理に要求して手に入れる意。「ねだる」「せがむ」と違って、「せびる」主体は、親密な関係にある者でなくても、些細(ささい)なかかわりのある者でもよい。
「ねだる」は、相手の好意や愛情に甘えて、何かを要求する意。そうした甘えの感情が成り立つような親密な関係(多くは肉親の場合)でないと、「ねだる」ということはできない。
「せがむ」は、親しい目上の人に何かをしてもらったり、何かをくれるように要求したりする意。「ねだる」と同様、親密でない相手に対してはできない。また、「ねだる」と違い、必ずしも物をほしがる意に限定されず、好意を要求するような場合にも用いる。たとえば「外に出してくれとせがんだ」とはいえるが、「外に出してくれとねだった」は不自然であるといえる。
「せがむ」「ねだる」は、要求するという意にとどまるが、「せびる」は、要求して手に入れるという意である。したがって、「小遣いをせがんだが(ねだったが)くれなかった」とはいえるが、「小遣いをせびったがくれなかった」というような言い方は成り立たない。

せびる/ねだる/せがむ の関連語

無心する
遠慮なく金品などをねだること。「金の無心に来る」

せびる/ねだる/せがむ の類語対比表

小遣いを…用心棒が酒手を…カチカチ山の話をしてくれと…子供に…れて仕方なく出かける
せびる-ら-
ねだる-ら-
せがむ-ま○

参照

無心⇒無我/無私/無心

カテゴリ

#人間の性質#希望・願望・欲望

せびる/ねだる/せがむ の類語 - 日本語ワードネット

せびる の類語

強制か強迫によって入手する の意

せがむ の類語

根気強く、しきりに乞う の意

  • うるさくせがむ
  • しつこく頼む

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi