命/生命 の解説 - 小学館 類語例解辞典

命/生命 の共通する意味

人間や生物が生存するためのもとの力となるもの。

英語表現 life

国語辞書で調べる 生命

命/生命 の使い方

▽限りある命 ▽お金より命が惜しい ▽友人は重態で、あとわずかの命だ ▽虫や草花の命を慈しむ
生命
▽どんな小さな虫にも生命がある ▽水は生命の維持に不可欠だ

命/生命 の使い分け

「命」は、日常的な語だが、「生命」は、「生命保険」「生命現象」のように客観的な改まった表現で使われることも多い。
二語とも、「ピアニストにとって指は命だ」「情報の新しさがニュースの生命だ」のように、存在そのものを支える根源的なものや、それがなければそのものの価値がなくなるような重要なものを意味することもある。
「生命」は、「選手としての生命が長い」のように、そのものがその働きをする期間をいうこともある。

命/生命 の関連語

人命
人間の命。「人命を第一に尊重する」「尊い人命が奪われる」
身命
からだといのち。「身命をなげうつ」「身命を賭(と)して戦う」
一命
人ひとりの命。「車にはねられたが、危うく一命をとりとめた」
露命
露のようにはかない命。文章語。「露命をつなぐ(=ほそぼそとはかない命を保つ)」

命/生命 の類語対比表

…を救ういくばくもない…新しい…の誕生…の縮む思い
生命

カテゴリ

#一生#命

命/生命 の類語 - 日本語ワードネット

の類語

公式の指令または命令を与える文書 の意

(例えば、軍隊または法執行官など)上司に与えられたの命令で、従わなければならないもの の意

何かをするように正式な命令または指示を出すこと の意

1つ以上の科を含む分類群 の意

生きているものを無機物から区別する有機体現象 の意

生命 の類語

集合的に生き物 の意

生きているものを無機物から区別する有機体現象 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi