• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

生き永らえる(いきながらえる)/生き延びる(いきのびる)/生き残る(いきのこる)/死に後れる(しにおくれる)/死に損なう(しにそこなう)

関連語
永らえる(ながらえる)
  1. [共通する意味]
      ★死の危険があったり、死が身近な問題としてあったりしても、命を落とさずに生き続ける。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔生き永らえる〕(ア下一)
      ▽無為に生き永らえたくない
      ▽なんとか生き永らえて、この家の再興を見届けたい
    • 〔生き延びる〕(バ上一)
      ▽水だけでかろうじて生き延び
      ▽火の中を必死に逃げて生き延びる
    • 〔生き残る〕(ラ五)
      ▽現代社会で生き残るにはまず体力だ
      ▽船が沈没して船長だけ生き残っ
    • 〔死に後れる〕(ラ下一)
      ▽最愛の夫に死に後れる
      死に後れて死者の菩提(ぼだい)を弔う
    • 〔死に損なう〕(ワ五)
      ▽自殺を図って死に損ない、生き恥をさらす
      ▽若いころ大病で一度死に損なっている
  1. [使い分け]
    • 【1】「生き永らえる」は、死を免れて長く命を保つ意。「生き長らえる」とも書く。[英]to live on
    • 【2】「生き延びる」は、生命を保つのが容易でない環境、たとえば遭難事故、天災、戦災、貧乏などを切り抜けて生き続ける意。[英]to live on
    • 【3】「生き残る」は、他の人たちが死んだり脱落して行く状況の中で死なないで残る意。「不況の中で会社が生き残る方策をさぐる」のように、比喩(ひゆ)的にも使う。[英]to survive
    • 【4】「死に後れる」は、大切な人に先に死なれ、本人は死なないで残る意。自分自身に使う表現。「死に遅れる」とも書く。[英]to outlive
    • 【5】「死に損なう」は、自殺しようとして失敗する、また、病気、事故などの、死んでも不思議はないような状況で死なずに生き続ける意。[英]to fail to kill oneself(自殺に失敗する)
  1. [関連語]
    • (永らえる) (ア下一)長く生き続ける。「長らえる」とも書く。「この年までよくぞ永らえることができたものだ」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

生き残るの類語

  • 苦難または逆境を通して生き続ける の意
  • 他よりも長生きする の意
  • (逆境等)の後に生存し続ける の意

死に後れるの類語

  • 他よりも長生きする の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi