• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

死体(したい)/死骸(しがい)/遺体(いたい)/遺骸(いがい)/死屍(しし)/亡骸(なきがら)/屍(しかばね)/屍(かばね)/むくろ

  1. [共通する意味]
      ★人や動物の死んだ体。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔死体〕
      ▽行方不明の男性は山中で死体となって発見された
      死体遺棄
    • 〔死骸〕
      ▽猫の死骸
      ▽虫の死骸
    • 〔遺体〕
      ▽遭難者の遺体の収容は困難を極めた
      遺体の損傷が激しい
    • 〔遺骸〕
      ▽家族は終夜、遺骸から離れようとはしなかった
      遺骸は荼毘(だび)に付された
    • 〔死屍〕
      死屍に鞭(むち)打つ(=死者の生前の言行を非難攻撃する)
      死屍累々(るいるい)
    • 〔亡骸〕
      ▽若者はなきがらとなって無言の帰宅をした
      なきがらはお棺に納められた
    • 〔屍〕(しかばね)
      しかばねに鞭(むち)打つ(=死者の生前の言行を責める)
      ▽生けるしかばね(=何もできず、何もせずに、ただ生きているだけの人)
    • 〔屍〕(かばね)
      ▽山野にかばねをさらす
      かばねの恥
    • 〔むくろ〕
      ▽洞穴の中にはいくつかのむくろがあった
  1. [使い分け]
    • 【1】日常的には、「死体」「遺体」「亡骸」「死骸」が多く使われ、前者三語は人間に関して、また「死骸」は、多く獣、昆虫、鳥類に関して使われる。
    • 【2】「遺体」は、死んだ体を敬い丁寧にいう。「死体」が、死に対しての事実のみで客観的な表現となるのにくらべ、「遺体」は死に対する死者、近親者などへの哀悼の意をこめた主観的な表現となる。
    • 【3】「遺骸」は、文章語。あるいは、非常に改まった場合に使う。
    • 【4】「死屍」「屍(しかばね)」「屍(かばね)」「むくろ」は、文章中で、あるいは慣用句的に使われることが多く、日常一般ではあまり使われない。
  1. [反対語]
      ▼死体(したい)⇔生体(せいたい)
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

死体の類語

  • 死んだ動物あるいは人の体から成る自然物 の意
  • 人間の死体 の意

死骸の類語

  • 死んだ動物あるいは人の体から成る自然物 の意
  • 人間の死体 の意

遺体の類語

  • 死んだ動物あるいは人の体から成る自然物 の意
  • 人間の死体 の意

遺骸の類語

  • 死んだ動物あるいは人の体から成る自然物 の意
  • 人間の死体 の意

死屍の類語

  • 死んだ動物あるいは人の体から成る自然物 の意
  • 人間の死体 の意

亡骸の類語

  • 死んだ動物あるいは人の体から成る自然物 の意
  • 人間の死体 の意

の類語

  • 死んだ動物あるいは人の体から成る自然物 の意
  • 人間の死体 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi