奇人/変人/変物/変わり者/変わり種 の解説 - 小学館 類語例解辞典

奇人/変人/変物/変わり者/変わり種 の共通する意味

性格、言動などが普通の人とは異なっている人。

英語表現 an eccentric

国語辞書で調べる 奇人 変人 変物 変わり者 変わり種

奇人/変人/変物/変わり者/変わり種 の使い方

奇人
▽奇人としてきこえた作家 ▽奇人変人
変人
▽変人で通っている男 ▽変人扱いする
変物
▽変物の主人に気に入られる
変わり者
▽あの変わり者にも困ったものだ ▽変わり者どうしの夫婦
変わり種
▽もと銀行員という変わり種のプロゴルファー

奇人/変人/変物/変わり者/変わり種 の使い分け

「奇人」は、世の話題になるような変わった人。行為や才能が並の物差しでは測れないような奇才のある人もいう。「変人」にくらべて変わり方がかなり大きい。「畸人」とも書く。
「変人」は、「奇人」や「変物」よりも一般に使われる。「偏人」とも書くが、その場合はその人なりの個性が、他から見ると偏っていて変わっている人をさす。
「変物」は、世間一般の尺度からすると偏っていると考えられるが、その変わっているところもある程度評価されているという感がある。「偏物」とも書く。
「変わり者」は、五語のうち最も口語的で、他の語にくらべ、軽い意味で使うことも多い。
「変わり種」は、同種の集まりの中で一人だけ他と異なっている人をさす。

奇人/変人/変物/変わり者/変わり種 の類語 - 日本語ワードネット

奇人 の類語

ある性質の(通常、風変わりな)人 の意

普通でない、あるいは変わった人格の人 の意

変人 の類語

ある性質の(通常、風変わりな)人 の意

普通でない、あるいは変わった人格の人 の意

変物 の類語

ある性質の(通常、風変わりな)人 の意

普通でない、あるいは変わった人格の人 の意

変わり者 の類語

ある性質の(通常、風変わりな)人 の意

普通でない、あるいは変わった人格の人 の意

変わり種 の類語

同じ種類のものだが、他と少し違うもの の意

混ざった元の物の混合 の意

異なった言語からの一部により構成される単語(例えば、`monolingual'はギリシア語の接頭辞とラテン語の語根を持つ) の意

普通でない、あるいは変わった人格の人 の意

明らかに普通でない、あるいは不具である人あるいは動物 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi