• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

金持ち(かねもち)/富豪(ふごう)/金満家(きんまんか)/大尽(だいじん)

関連語
素封家(そほうか)
成金(なりきん)
財閥(ざいばつ)
長者(ちょうじゃ)
物持ち(ものもち)
  1. [共通する意味]
      ★大きな財産を持った、富裕な人。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い分け]
    • 【1】「金持ち」は、最も一般的な語。
    • 【2】「富豪」は、莫大(ばくだい)な財産を持つ大金持ちに使う。
    • 【3】「金満家」は、「富豪」にくらべるとずっとスケールの小さい、身近にいる人にも使う。やや古い語。
    • 【4】「大尽」は、やや古い語。「お大尽」の形でいうことも多い。「村一番の…」「町一番の…」といった程度でも使う。また、金回りの良い人をからかって「お大尽ね」といったりする。
  1. [関連語]
    • (素封家) 代々続いた大金持ちの家。「彼はこの町きっての素封家の出だ」
    • (成金) 急に金持ちになった人。「成金趣味」「土地成金」
    • (財閥) 個人的な金持ちではなく、大資本家、大企業の支配者などの一族、一団をいう。「財閥解体」
    • (長者) 昔、村や町の規模で、大きな屋敷を構えた周辺随一の金持ちをいった。現在では「億万長者」「長者番付」など、限られた使い方で大金持ちを表わす。
    • (物持ち) 財産を多く持っている人。「長者」よりずっと規模の小さいものにもいう。「仲間一番の物持ち」
  1. [対比表]
    アラブの……の令嬢…の客がつく町一番の…一代で…になる
    金持ち
    富豪
    金満家
    大尽
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

金持ちの類語

  • 裕福な男性 の意
  • 物質的な富をたくさん所有している人 の意

富豪の類語

  • 裕福な男性 の意
  • 物質的な富をたくさん所有している人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi