混血児/ハーフ の解説 - 小学館 類語例解辞典

混血児/ハーフ の共通する意味

人種の異なる者どうしの結婚によって生まれた子。

英語表現 a half-breed

国語辞書で調べる 混血児 ハーフ

混血児/ハーフ の使い方

混血児
▽日本人とアメリカ人の混血児
ハーフ
▽日英のハーフ ▽ハーフの歌手

混血児/ハーフ の使い分け

「混血児」は、最も一般的に用いられる。人間に対してしかいわず、動植物の場合はふつう「雑種」という。
「ハーフ」は、「ハーフブラッド」の略。俗っぽく、口語的。

混血児/ハーフ の関連語

間の子
混血児をいう俗称。「合いの子」とも書く。「日本人とオランダ人の間の子」

参照

ハーフ⇒半分/五分

カテゴリ

#一生#人物

混血児/ハーフ の類語 - 日本語ワードネット

混血児 の類語

異なった人種の両親を持つ子に対する差別的な言葉(特に、白人とインディアンの祖先との間の子に対して) の意

ハーフ の類語

割り切れる全体の2等分の1 の意

いくつかのゲームあるいは公演が分割される2つの区分のうちの1つ:2つの区分は間隔によって分けられる の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi