• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

悪人(あくにん)/悪者(わるもの)/悪漢(あっかん)/悪党(あくとう)/悪玉(あくだま)/悪(あく)

関連語
(わる)
  1. [共通する意味]
      ★たちの悪い人。悪事を働く人。悪い奴(やつ)
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔悪人〕
      ▽国家を売った悪人
      悪人呼ばわりされる
    • 〔悪者〕
      悪者を懲らしめる
      悪者扱いされる
    • 〔悪漢〕
      悪漢を退治する
      悪漢小説
    • 〔悪党〕
      悪党どもがのし歩く
      ▽彼は根っからの悪党
      ▽小(こ)悪党
    • 〔悪玉〕
      ▽善玉と悪玉が入り乱れる
      悪玉にされる
    • 〔悪〕(あく)
      を討つ
      の申し子
      の巣窟(そうくつ)
  1. [使い分け]
    • 【1】「悪人」は、存在そのものが悪である人間をいう。
    • 【2】「悪者」は、ある場面、事件、筋書きなどの中で悪いとされる者。
    • 【3】「悪漢」は、やや古い語。冒険小説、探偵小説などでよく使われた。「悪人」や「悪者」が、悪い人一般をさすことがあるのに対し、個人をさす。
    • 【4】「悪党」は、「党」の意味から、古くは集団をいったが、現在は個人に対してもいう。「悪人」「悪者」のように、犯罪のような悪をなす者をいうだけでなく、道義的にひどいことを平気でする者を責めるときなどにも使う。
    • 【5】「悪玉」は、芝居や小説などで、悪い役をふり当てられた者や悪い側の役をもいう。江戸時代の草双紙などの挿絵で、人の顔を丸く描き、その中に「悪」の字を書き入れたことから。
    • 【6】「悪」は、人ではなくて「善」に対する概念をさす語だが、漠然と、その一味の人をさすこともある。口語ではあまり使わない。
  1. [反対語]
      ▼悪人⇔善人 悪玉⇔善玉 悪(あく)⇔善
  1. [関連語]
    • (悪)(わる) 悪いことをする人。また、悪い心根の者。不良程度の若者から、かなり悪質なことを考えたりしたりする者までいう。「相当の悪だ」「悪ぶる」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    …と戦う正義の味方…ぶりを発揮する…に仕立てられる…の道に引き込む
    悪人
    悪者
    悪漢
    悪党
    悪玉
    (あく)
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

悪漢の類語

  • 犯罪を犯した、あるいは犯罪の有罪判決を受けた人 の意
  • 道徳的な気のとがめを感じない人 の意
  • 罪を(悔いることなく)犯す者 の意
  • 邪悪であるか凶悪な人; 邪悪な人 の意

悪党の類語

  • 犯罪者たちの集まり の意
  • 道徳的な気のとがめを感じない人 の意
  • 罪を(悔いることなく)犯す者 の意
  • 邪悪であるか凶悪な人; 邪悪な人 の意

悪玉の類語

  • あなたの味方でない人 の意
  • 道徳的な気のとがめを感じない人 の意
  • 邪悪であるか凶悪な人; 邪悪な人 の意
  • フィクションの映画または作品の主要な悪い人物 の意

の類語

  • 道徳的に好ましくない振舞い の意
  • 主義または行いが道徳的に間違っている性質 の意
  • 正義や法の原理に反したもの の意
  • 倫理的に、または礼儀の面で、標準や期待以下であるもの の意
  • 道徳的、もしくは精神的な価値のないこと の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi