• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ならず者(ならずもの)/ごろつき/地回り(じまわり)/やくざ/暴力団(ぼうりょくだん)

関連語
無頼漢(ぶらいかん)
無法者(むほうもの)
与太者(よたもの)
ごろ
ちんぴら
  1. [共通する意味]
      ★正当な定職を持たず、たちの悪いことをして一般の人を脅かすような者。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔ならず者〕
      ▽街のならず者
      ならず者の集まり
    • 〔ごろつき〕
      ごろつきに因縁をつけられる
      ごろつき連中
    • 〔地回り〕
      地回りにおどされる
      地回りに顔がきく
    • 〔やくざ〕(名・形動)
      やくざから足を洗って堅気になる
    • 〔暴力団〕
      暴力団の抗争が激しい
      暴力団を取り締まる
  1. [使い分け]
    • 【1】「ならず者」は、「不成者」と書き、まともではない者の意。無法で、おどし、たかりなどを行う者。
    • 【2】「ごろつき」も、「ならず者」とほぼ同じ意味。「破落戸」と書くこともある。
    • 【3】「地回り」は、近世、遊里などで地付きの顔のきく者をいった。現在では、盛り場などを縄張りとして仕切る者をいう。
    • 【4】「やくざ」は、いわゆるばくち打ちのことで、特殊な世界をつくり、親分、子分の関係などそれなりの仁義、しきたりなどがあった。また、「やくざな男」のように、単に性行がおさまらない人をいうこともある。
    • 【5】「暴力団」は、組長と組員から成る、無法なふるまいをする者の集団。
  1. [反対語]
      ▼やくざ⇔堅気
  1. [関連語]
    • (無頼漢) 一定の職業をもたず、素行の悪い男。ならず者。「あの男はこの町でも有名な無頼漢だ」
    • (無法者) 道理にはずれた、乱暴なふるまいをする者。「好き勝手をする無法者」
    • (与太者) 素行不良の若者。役に立たない者の意もある。「一見与太者風」
    • (ごろ) 「ごろつき」の略。「会社ごろ」「政界ごろ」などの形で使うことが多い。常習的にその世界に出入りし、甘い汁を吸っている者をいう。
    • (ちんぴら) 一人前でもないのに、おとなぶったり大物をきどったりする者。転じて、不良少年少女。「ちんぴらにからまれる」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

やくざの類語

  • 有効利用がない、あるいは役立つ機能をすることにおいて無能である の意
  • 有用性または価値が欠如するさま の意
  • 容赦がなく残忍な人 の意
  • ゲームかスポーツ競技の結果にお金を賭ける人 の意
  • 暴力団の一員である犯罪者 の意
  • 日本のギャング の意

暴力団の類語

  • 連携して作用するように調整された道具の組合せからなるツール の意
  • 共通の目的を持つ人々の排他的な仲間 の意
  • 犯罪者たちの集まり の意
  • 組織化された犯罪活動担当のギャングのゆるい提携 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi