小物/雑魚/雑輩/有象無象 の解説 - 小学館 類語例解辞典

小物/雑魚/雑輩/有象無象 の共通する意味

無力で、取るに足りない人。

英語表現 an unimportant fellow

国語辞書で調べる 小物 雑魚 雑輩 有象無象

小物/雑魚/雑輩/有象無象 の使い方

小物
▽検察の網にかかるのは、小物ばかりだ
雑魚
▽雑魚は相手にするな ▽雑魚の魚交(ととま)じり(=弱小な者が自分に不相応な強大な者の中に交じっていること)
雑輩
▽雑輩は蹴(け)散らして大将に迫る
有象無象
▽そこらの有象無象にはわかるまい ▽有象無象が何をいおうと放っておけ

小物/雑魚/雑輩/有象無象 の使い分け

「小物」は、「大物」に対する語で、地位、勢力などとともに人物の卑小さを表わすこともある。
「小物」「雑魚」は、下っぱの者の意味でも使う。
「雑輩」は、その他大勢と同じで、数は多いがあまり問題にならない者たちをいう。
「有象無象」は、多数集まってはいるがつまらない人々の意味。人だけでなく、物にもいう。

小物/雑魚/雑輩/有象無象 の反対語

▼小物⇔大物

カテゴリ

#一生#人物

小物/雑魚/雑輩/有象無象 の類語 - 日本語ワードネット

雑魚 の類語

平凡で取るに足らない人 の意

有象無象 の類語

特に普通で平凡な人や物の群れ の意

一般市民をさげすんだ言い方 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi