• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

嫁ぐ(とつぐ)/嫁する(かする)/嫁入り(よめいり)/輿入れ(こしいれ)

  1. [共通する意味]
      ★女性が結婚して相手の男性の家に入る。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔嫁ぐ〕(ガ五)
      ▽祖母は十六歳で祖父のもとに嫁い
      嫁ぎ
    • 〔嫁する〕(サ変)
      嫁する日も近づいた
      ▽大阪に嫁することになった
    • 〔嫁入り〕スル
      ▽彼女が嫁入りした先は大富豪だ
      嫁入り道具
    • 〔輿入れ〕スル
      ▽お輿入れの日も近づいた
      ▽吉日を選んで輿入れする
  1. [使い分け]
    • 【1】「嫁ぐ」「嫁入り」は、女性が男性の家に入るという意味合いが強い語。
    • 【2】「嫁する」は、文章語として、特に改まった場面でだけ使われる。
    • 【3】「嫁入り」は、その儀式の意でも使われる。また、「嫁入り道具」「嫁入り支度」などの場合には、単に結婚の意でも用いられる。
    • 【4】「輿入れ」は、嫁の乗る輿を婚家にかつぎ込むことから出た言葉で、古めかしい言い方。
  1. [反対語]
      ▼嫁入り⇔婿入り
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

嫁入りの類語

  • 結婚する行為; 婚礼の儀式 の意
  • 結婚の儀式が執り行われる社会的行事 の意
  • 自発的に人生(または離婚まで)のために結ばれた夫婦である状態 の意

輿入れの類語

  • 結婚する行為; 婚礼の儀式 の意
  • 嫁にもらう の意
  • 結婚の儀式が執り行われる社会的行事 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi