• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

離縁(りえん)/絶縁(ぜつえん)/義絶(ぎぜつ)/勘当(かんどう)

  1. [共通する意味]
      ★縁を切ること。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔離縁〕スル
      ▽養子を離縁する
      ▽子どもができないからと離縁された
    • 〔絶縁〕スル
      絶縁された
      絶縁
    • 〔義絶〕スル
      ▽考え方の相違から兄とは義絶している
    • 〔勘当〕スル
      ▽道楽息子を勘当する
      ▽師を批判したため、勘当された
  1. [使い分け]
    • 【1】「離縁」は、夫婦、養子の縁を解消すること。
    • 【2】「絶縁」は、縁を断ち切ること、関係を切ることの意。広く人間関係に使う。
    • 【3】「義絶」は、縁を切ること、絶つことの意。主として、親族の縁を切るときに使う。
    • 【4】「勘当」は、親や師匠などが、子や弟子に対して縁を切ること。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

離縁の類語

  • 結婚の法的解消 の意
  • 別れる; 関係をやめるか、断つ の意
  • 離婚する; 結婚を正式に終結させる の意

絶縁の類語

  • 関係を断絶する の意
  • 個人的や社会的分離(敵対する派閥間など) の意
  • 嫌われて孤独だと感じること の意

義絶の類語

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi