• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(からだ)/身体(しんたい)/体(たい)/肉体(にくたい)/身(み)/ボディー

関連語
肉塊(にくかい)
ししむら
骨身(ほねみ)
  1. [共通する意味]
      ★頭・胴体・手足のすべてを一まとめにした言い方。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔体〕(からだ)
      は小さいがファイトは人一倍ある
      を張る(=一身を投げうって行動する)
    • 〔身体〕
      身体に異常なしと認める
      ▽健全なる精神は健全なる身体に宿る
      身体測定
    • 〔体〕(たい)
      ▽ボールををかわしてよけた
      を引く
    • 〔肉体〕
      肉体の衰えを感じる
      肉体労働
      肉体
    • 〔身〕
      を清めて神仏に祈る
      をかがめて木の枝をくぐる
      を粉にして働く
      ▽寒風がに染みる
      の振り方を考える
      の程を知る
    • 〔ボディー〕
      ▽迫力あるボディー
      ボディーガード
      ボディーチェック
  1. [使い分け]
    • 【1】「体(からだ)」は、最も一般的で幅広く使われる。また、「タバコは体(からだ)に害がある」「運動部出身だけあっていい体(からだ)をしている」のように、健康や体格の意や、「明日は体(からだ)があいている(=ひまである)」のように、その人の状況、様子を表わすときに使うこともある。手紙文などでは「お身体(からだ)お大切に」などのように、「身体」と書く場合もある。
    • 【2】「身体」は、公的な文章や非常に改まった場合、熟語を作る場合などに使われることが多い。
    • 【3】「体(たい)」は、動きを伴う場合に決まった言い方で用いられる。
    • 【4】「肉体」は、生身の人間の場合に多く用いられ、また性的な欲望の対象として用いられる。
    • 【5】「身」は、慣用表現が多い。また、転じて、「良い習慣を身につける」「生徒の身になって教える」のように、その人自身やその人の立場、地位を表わす。
    • 【6】「ボディー」は、多く複合して用いられ、また、「ボディーにパンチを打つ」のように特に胴体の部分をいう場合もある。「車のボディー」のように、人体でいえば胴体に相当する部分をいうこともある。
  1. [反対語]
      ▼肉体⇔精神
  1. [関連語]
    • (肉塊) 肉のかたまり。人格や人間性を問題にせず、単に物理的な意味合いで使われる。「人間も死んでしまえば肉塊にすぎない」
    • (ししむら) 「肉体」の古い言い方。「肉叢」とも書く。「豊かなししむら」
    • (骨身) 骨と肉から転じて、体をいう。「夜の寒さが骨身にこたえる」「骨身を削って働く」
  1. [対比表]
    …を鍛える大きな……をかわす…をチェックする
    からだ
    身体しんたい
    たい
    肉体
    ボディー
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 良い印象を与えるためにあることがそうであるように見せかけること の意
  • 細長くてトゲのような、あるいは管状の突起 の意
  • 筆記、線画、彫刻に使う先のとがった道具 の意
  • 性格や感情などを表す特定の方法 の意
  • 有機体の全構造(動物、植物または人間) の意
  • 雌しべの、子房と柱頭の間の、細長い部分 の意
  • かつて、宇宙を構成する4つの要素の1つであると考えられていた(エムペドクレス) の意

身体の類語

  • 有機体の全構造(動物、植物または人間) の意
  • 統一された全体を形成する相互依存構成要素から成り立つと考えられる生体 の意

肉体の類語

  • 有機体の全構造(動物、植物または人間) の意

の類語

  • 有機体の全構造(動物、植物または人間) の意

ボディーの類語

  • 有機体の全構造(動物、植物または人間) の意
  • 頭、首、四肢を除いた身体 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi