• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(おっと)/主人(しゅじん)/亭主(ていしゅ)/旦那(だんな)/ハズ

ブックマークへ登録
関連語
夫君(ふくん)
(たく)
内の人(うちのひと)
宿六(やどろく)
  1. [共通する意味]
      ★夫婦のうちの男性の方。男の配偶者。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔夫〕
      ▽あの人は若くしてを亡くした
      が単身赴任することになった
    • 〔主人〕
      ▽ご主人はお元気ですか
      主人と相談してお答えします
      主人は外出しております
    • 〔亭主〕
      ▽うちの亭主は毎晩帰りがおそい
      亭主を尻(しり)に敷く
      亭主関白
    • 〔旦那〕
      旦那様はご在宅ですか
      ▽うちの旦那は今出張中です
    • 〔ハズ〕
      ▽彼女のハズは優しい
      ハズにも一度会ってください
  1. [使い分け]
    • 【1】「夫」「ハズ」は、自分の配偶者についても、第三者の配偶者についてもいえる。ただし話し相手の配偶者には使わない。「夫」は、「良人」とも書く。
    • 【2】「夫」「主人」が一般的によく使われるが、「主人」は、元来、上下、主従の関係を表わす語なので避ける人もいる。[英]the master of a house(一家の主人)
    • 【3】「亭主」「旦那」は、本来は敬意をこめた言い方だが、現在では、自分の夫をいう場合は、ややくだけた意味合いがある。[英]one's husband
    • 【4】話し相手の配偶者をいうときは、「主人」「亭主」には「御」、「旦那」には「様」をつけるのが一般的。
    • 【5】「主人」「亭主」「旦那」には、男の配偶者の意以外に、一家の中心人物、世帯主の意もある。
    • 【6】「ハズ」は、「ハズバンド」の略。やや軽い言い方だが、それほど一般的ではない。
  1. [反対語]
      ▼夫⇔妻 ハズ⇔ワイフ
  1. [関連語]
    • (夫君) 他人の夫を敬っていう語。自分の配偶者についてはいえない。「ご夫君もご一緒にお出かけください」
    • (宅・内の人・宿六) 自分の夫をいう言葉。相手の夫には使えない。「宿六」は、親愛を込めた、あるいは卑しめた言い方。「宅に相談してみます」「内の人は細かいところまで気がつきます」「うちの宿六は大酒飲みだ」
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 結婚した男性; 結婚によってある女性の配偶者となった人 の意

主人の類語

  • 労働者を雇用する人または会社 の意
  • (自宅でのパーティーといった)社交行事でお客を招き、滞在中の世話をする人 の意
  • 結婚した男性; 結婚によってある女性の配偶者となった人 の意
  • 他人の仕事を指図する人 の意
  • 大学の修士の学位を持っている人 の意
  • 他人に対して全般的な権限を持つ人 の意
  • 競争相手を負かすことのできる戦闘者 の意

亭主の類語

  • 結婚した男性; 結婚によってある女性の配偶者となった人 の意

旦那の類語

  • 結婚した男性; 結婚によってある女性の配偶者となった人 の意
  • 男性に対する呼びかけの言葉 の意

ハズの類語

  • 結婚した男性; 結婚によってある女性の配偶者となった人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。