• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

長子(ちょうし)/総領(そうりょう)/初子(はつご)/初子(ういご)/次子(じし)/末っ子(すえっこ)

関連語
長男(ちょうなん)
長女(ちょうじょ)
次男(じなん)
次女(じじょ)
長兄(ちょうけい)
次兄(じけい)
長姉(ちょうし)
次姉(じし)
  1. [共通する意味]
      ★生まれた順によって子供をいう語。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔長子〕
      長子がようやく成人した
    • 〔総領〕
      総領がしっかりしているのであの家は安心だ
      総領の甚六(=いちばん上の子はおっとりしていて世間知らずであるということ)
      総領息子
      総領
    • 〔初子〕(はつご)
      初子が生まれる
    • 〔初子〕(ういご)
      初子のお宮参りをする
    • 〔次子〕
      次子は上の子と三つ違いだ
    • 〔末っ子〕
      末っ子の甘えん坊
  1. [使い分け]
    • 【1】「長子」は、最初に生まれた子供の意。ふつう男の子をいう。[英]the eldest〔oldest〕son
    • 【2】「総領」は、兄弟のうちいちばん上の子。また、家を継ぐ子の意。[英]the eldest〔oldest〕son
    • 【3】「初子(はつご)」「初子(ういご)」は、親にとって初めての子の意。[英]one's first child
    • 【4】「次子」は、二番目の子の意。[英]one's second child
    • 【5】「末っ子」は、いちばん下の子の意。[英]the youngest child
  1. [関連語]
    • (長男・長女) ある夫婦に最初に生まれた男の子を「長男」、女の子を「長女」といい、結局他に男子、女子が生まれなかった場合も「長男」「長女」と言い続ける。
    • (次男・次女) 「次男」は、男子として、「次女」は、女子として二番目に生まれた子。「次男」「次女」は、戸籍に記載するときは「二男」「二女」と書く。以下、「三男」「三女」「四男」「四女」となる。
    • (長兄・次兄・長姉・次姉) 弟や妹からみて兄、姉をいう言葉。兄・姉を順にいうと「長兄」「次兄」、「長姉」「次姉」となる。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

総領の類語

  • 何かを運営する目的で統治組織を構成する人々(または委員会、部門など) の意
  • 1つの存在(物、人または集合体)が別の存在に制約される関係 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi