輪郭/シルエット/線 の解説 - 小学館 類語例解辞典

輪郭/シルエット/線 の共通する意味

体や顔のおおよその形。

英語表現 contours a silhouette

国語辞書で調べる 輪郭 シルエット

輪郭/シルエット/線 の使い方

輪郭
▽顔の輪郭を描く ▽遠くの人の輪郭がぼやける
シルエット
▽夕日を背に彼女の美しいシルエットが浮かび上がった ▽ほっそりしたシルエットの服を買う
▽うなじの線が美しい ▽腰から足への線

輪郭/シルエット/線 の使い分け

三語とも体や顔、または物の外形を形作るふちどりを表わす。
「輪郭」は「輪廓」とも書く。「シルエット」は洋服の形にも使われる。

参照

シルエット⇒影/シルエット/影法師 線⇒線/ライン

カテゴリ

#人間の体#全身

輪郭/シルエット/線 の類語 - 日本語ワードネット

シルエット の類語

物体の輪郭線を描いたもの; ある単一の色で塗りつぶされている の意

固体の輪郭(影で映したような) の意

の類語

電気、光学式シグナル、電力を送るための導線 の意

長く薄く、柔軟なもの(コードかロープとしての) の意

概念的な分離あるいは区別 の意

幅よりも長さが長いしるし の意

現実あるいは架空の、1次元的な広がりと定義される空間の位置 の意

ゲームかスポーツで; プレイする位置や範囲を示すしるし の意

幅または厚みのない長さ(まっすぐであるか曲がった); 動いている点の跡 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi