• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

息子(むすこ)/せがれ/子息(しそく)/ジュニア

関連語
こせがれ
  1. [共通する意味]
      ★親にとっての男の子。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔息子〕
      息子の成長だけが楽しみだ
      ▽父親似の息子
    • 〔せがれ〕
      せがれもやっと一人前になった
      ▽あの家のせがれはできが悪い
    • 〔子息〕
      ▽御子息はお元気ですか
      ▽彼女は夫の死後子息の家族と住んでいる
    • 〔ジュニア〕
      ▽彼はジュニアが生まれて大喜びしている
      ジュニアを社長にすえる
  1. [使い分け]
    • 【1】「息子」は、自分の子について、「子息」は、他人の子についていう。
    • 【2】「せがれ」は、自分の子についていう場合には、ややへりくだった意があり、他人の子についていうと、やや軽んじた意がある。「倅」「悴」「伜」とも書く。
    • 【3】「ジュニア」には、二代目であるという意味合いがある。また、ボクシングの「ジュニアフライ級」のように、年少、下級の意もある。
  1. [反対語]
      ▼息子⇔娘
  1. [関連語]
    • (こせがれ) 「せがれ」よりも、さらにへりくだった、あるいは軽んじた言い方。また、若い者を侮った言い方。「小倅」「小悴」「小伜」とも書く。「こせがれのくせに生意気だ」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi