神童/怪童 の解説 - 小学館 類語例解辞典

神童/怪童 の共通する意味

特殊な能力を持った子供。

英語表現 an infant prodigy

国語辞書で調べる 神童 怪童

神童/怪童 の使い方

神童
▽彼は子供のころ神童と呼ばれた ▽十で神童、十五で才子、二十(はたち)過ぎればただの人
怪童
▽怪童のうわさにたがわず米俵を軽く持ち上げる

神童/怪童 の使い分け

「神童」は、非凡な才知を持つ子供。
「怪童」は、並外れて力があり、体の大きい子供。

カテゴリ

#一生#子

神童/怪童 の類語 - 日本語ワードネット

神童 の類語

異常に才能のあるか知的な(若い)人; 才能が驚きと賛美を起こさせるだれか の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi