• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

一族(いちぞく)/一門(いちもん)

  1. [共通する意味]
      ★親族関係にある人々をひとまとめにいう言い方。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔一族〕
      ▽彼の家は一族の団結が強い
      一族が力を合わせて事業を興した
    • 〔一門〕
      ▽わが家では毎年正月に一門が集まる
      ▽祖父は兄の不行跡を一門の恥と怒った
  1. [使い分け]
    • 【1】「一族」は、もっぱら親戚関係の人々をさす。
    • 【2】「一門」は、「一族」よりも広く、「一族」に従属する形でつながっている人々、たとえば使用人までもさすことがある。また、「漱石(そうせき)一門」「裏千家一門」のように、学問・技芸・スポーツ・宗教などで、同じ流派の人々、あるいは師を同じくする人々をさすこともある。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

一族の類語

  • 血縁や婚姻によって結ばれた人々のグループ の意
  • 共通の祖先の血を引く人々 の意
  • 1人の個人の子孫 の意
  • 互いに親族関係を持つ人 の意

一門の類語

  • 血縁や婚姻によって結ばれた人々のグループ の意
  • 共通の祖先の血を引く人々 の意
  • ともに生活する社会的構成単位 の意
  • 共通の信念や活動を共有する人々の連合 の意
  • 互いに親族関係を持つ人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi