跡/跡目/跡式/家督 の解説 - 小学館 類語例解辞典

跡/跡目/跡式/家督 の共通する意味

受け継ぐべき家や家業、財産、地位など。

英語表現 family property

国語辞書で調べる 跡目 跡式 家督

跡/跡目/跡式/家督 の使い分け

「跡」は、家・家名・財産・家業・地位など、戸主として相続するもの一般をいう。
「跡目」は、家を相続すること。また、相続する家名・家業・地位。さらに、家を相続する人もいう。
「跡式」は、特に相続する財産、また、それを相続する人をいう。
「家督」は、旧民法で定めた家長、戸主の身分に付随する権利・義務のこと。また、家を継ぐべき子をいうこともある。

跡/跡目/跡式/家督 の類語対比表

…を継ぐ長男を…にする…を譲る…相続
跡目
跡式
家督

カテゴリ

#一生#家庭・家族

跡/跡目/跡式/家督 の類語 - 日本語ワードネット

の類語

表面にできる足または靴の跡 の意

何かが存在したという徴候 の意

人または動物または車両の通過によって残される目に見える印(足跡として) の意

物が通った跡あるいは残した痕跡 の意

傷を負った組織の癒えによって残されたマーク(通常、皮膚で) の意

跡目 の類語

すぐに何かか誰かの後任になるものあるいは人 の意

順序において次に続く人 の意

家督 の類語

受け継がれるそれ; 所有者の死に際して相続人に法律を見過ごすタイトルまたは資産または地所 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi