• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さん/君(くん)/氏(し)/様(さま)/殿(どの)

  1. [共通する意味]
      ★人名や人を表わす語に添えて、敬意を表わす語。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
      Mr.; Mrs.; Miss; Ms.
  1. [使い方]
    • 〔さん〕(接尾)
      ▽交番のおまわりさん
      ▽八百屋さんで大根を買って来て
      ▽かわいい娘さん
      ▽動物園のおさるさん
    • 〔君〕(接尾)
      ▽道で鈴木に会った
    • 〔氏〕(接尾)
      ▽田中の意見に賛成だ
      はこの分野の権威だ
    • 〔様〕(接尾)
      ▽山田がおみえになりました
      ▽御令息
    • 〔殿〕(接尾)
      ▽警察署長殿
  1. [使い分け]
    • 【1】「さん」は、「様」の転。「様」よりくだけた言い方で、親しみの気持ちをこめて使う。
    • 【2】「さん」「様」「殿」は、人名だけでなく、官職名につけて用いることができる。
    • 【3】子供が言ったり、子供に言ったりするとき、「おいもさん」「象さん」のように、動植物や食べ物にもつけることがある。
    • 【4】「さん」「様」は、相手のしてくれたことに関する言葉や、挨拶(あいさつ)の言葉につけて、親しみや丁寧の気持ちを表わす場合にも使われる。その場合、「お疲れさん」「お待ち遠さん」「ご苦労さま」など「お」や「ご」のついた語につくことが多い。
    • 【5】「君」は、主として男性間で用いる語で、同輩または目下の名前を呼ぶときの語。男性が女性を呼ぶときや女性が男性を呼ぶときにも使われることがある。「さん」にくらべると敬意の程度が軽い。
    • 【6】「氏」は、他人の姓名につけて用いる。
    • 【7】「様」「殿」は、公式の場や、事務的な手紙、文書の中で用いられる。ただし「殿」は一般の会話では用いない。
  1. [参照]
  1. [対比表]
    山田…花子…部長…どなた…ですか某…
    さん
    殿
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 他人に対して全般的な権限を持つ人 の意
  • 国家の支配者、または、国家元首で、たいていは世襲の権利による の意

の類語

  • 家族の構成員を同定するために使われる名前(それぞれの構成員の名と区別されたものとして) の意

の類語

  • その主要な特性に注目したときのある物のあり方 の意

殿の類語

  • (元首のような)身分の高い人々の公式の住居 の意
  • 大きくて堂々の大邸宅 の意
  • 他人に対して全般的な権限を持つ人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi