おれ/僕/わし/おいら/おら/あっし/こちとら の解説 - 小学館 類語例解辞典

おれ/僕/わし/おいら/おら/あっし/こちとら の共通する意味

男性が自分をさしていうときに使う口語。

英語表現 I

国語辞書で調べる おれ わし おいら おら あっし こちとら

おれ/僕/わし/おいら/おら/あっし/こちとら の使い方

おれ 【代名】
▽彼とはおれお前の間柄だ
【代名】
▽僕と遊ぼう ▽僕の車で行こう
わし 【代名】
▽わしの言うとおりにしなさい
おいら 【代名】
▽おいらが一番だい
おら 【代名】
▽おらが村
あっし 【代名】
▽あっしにおまかせください
こちとら 【代名】
▽こちとら江戸っ子だい

おれ/僕/わし/おいら/おら/あっし/こちとら の使い分け

「おれ」は、同等もしくは目下に対して用いる。「俺」とも書く。
「僕」は、話し手や話す相手の年齢、立場に関わらず、一般に使われる。小さな子供に対しては、呼びかける語としても使われる。「僕のお名前は何ていうの」
「わし」は、年輩者に多く使われる。少し古く、時には威厳を感じさせる言い方。
「おいら」「おら」「あっし」「こちとら」は、俗語。一般にはほとんど使われない。

カテゴリ

#一生#氏名・代名詞

おれ/僕/わし/おいら/おら/あっし/こちとら の類語 - 日本語ワードネット

の類語

男性の召使い の意

家庭の使用人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi