エプロン/前垂れ/前掛け/割烹着/上っ張り の解説 - 小学館 類語例解辞典

エプロン/前垂れ/前掛け/割烹着/上っ張り の共通する意味

料理や作業をするときに、衣服が汚れないように体の前面部分を覆う布。

国語辞書で調べる エプロン 前垂れ 前掛け 割烹着 上っ張り

エプロン/前垂れ/前掛け/割烹着/上っ張り の使い方

エプロン
▽エプロンをして炊事をする
前垂れ
▽前垂れをしめて店頭に立つ
前掛け
▽タオルを前掛けがわりにする ▽子供用の前掛け
割烹着
▽割烹着を着て台所に立つ
上っ張り
▽上っ張りを着て絵を描く

エプロン/前垂れ/前掛け/割烹着/上っ張り の使い分け

「エプロン」は、洋装に用い、装飾的なものもある。
「前垂れ」は、おもに商人が和服の上にしめるもので、特に腰から下の前面部分に垂れ下げる布をいう。
「前掛け」は、衣服の前にかけるものを広くいい、特に決まった形はない。
「割烹着」は、料理をするときに着る袖(そで)のあるものをいう。
「上っ張り」は、衣服が汚れないように、上に羽織って着るものを広くいう。

カテゴリ

#衣食住#衣服

エプロン/前垂れ/前掛け/割烹着/上っ張り の類語 - 日本語ワードネット

エプロン の類語

洋服が汚れないように腰の周りで結んで身に着ける、布や革あるいはプラスティック製の覆い の意

エプロンに似た袖無しのドレス; 他の服の上から着る の意

前垂れ の類語

洋服が汚れないように腰の周りで結んで身に着ける、布や革あるいはプラスティック製の覆い の意

前掛け の類語

洋服が汚れないように腰の周りで結んで身に着ける、布や革あるいはプラスティック製の覆い の意

エプロンに似た袖無しのドレス; 他の服の上から着る の意

上っ張り の類語

デニムの(胸当てとズボン吊りがついている)パンツ の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi