• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

洗う(あらう)/流す(ながす)/濯ぐ(ゆすぐ)/濯ぐ(すすぐ)

関連語
晒す(さらす)
洗い上げる(あらいあげる)
洗い立てる(あらいたてる)
洗い直す(あらいなおす)
  1. [共通する意味]
      ★水を使って汚れを落としたり、白くしたりする。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔洗う〕(ワ五)
    • 〔流す〕(サ五)
    • 〔濯ぐ〕(ゆすぐ)(ガ五)
    • 〔濯ぐ〕(すすぐ)(ガ五)
  1. [使い分け]
    • 【1】「洗う」は、たたいたり、こすったり、もんだりして汚れを落とす意。「流す」「ゆすぐ」「すすぐ」と違い、洗剤を使う場合もある。また、「被害者の身元を洗う」のように、比喩(ひゆ)的に隠れた事柄を調べ出す意でも用いる。
    • 【2】「流す」は、水や湯をかけて汚れを落とす意。人間の体について用いられることが多い。
    • 【3】「ゆすぐ」「すすぐ」は、水をかけたり、そのものを水に浸したりして汚れや石けんなどを落とす意。「ゆすぐ」「すすぐ」は、ほぼ同意だが、名誉を挽回する意で「恥(汚名)をすすぐ」という場合、「ゆすぐ」は用いない。
  1. [関連語]
    • (晒す) (サ五)水や薬品などにつけて白くする。また、「雨にさらされる」「銃口に身をさらす」「恥をさらす」など、水のほかに、日、雨、外気、危険などさまざまな状態に置く意もある。
    • (洗い上げる) (ガ下一)洗い上げる・洗い立てる洗い終わる。また、念を入れて十分に洗う。他人の過去などを詳しく調べ真相をあばく意もある。「身辺を洗い上げる」
    • (洗い立てる) (タ下一)十分に洗う。他人の過去などを探り出して、ことさらにあばき出す意もある。「過去を洗い立てる」
    • (洗い直す) (サ五)一度洗ったものをもう一度洗う。再調査する意もある。「事件を洗い直す」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    食器を…顔を…背中を…口を…
    洗う
    流す
    ゆすぐ
    すすぐ
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

洗うの類語

  • 石鹸と水で(人の身体)をきれいにする の意
  • で身体的にあるいは捜査であるかのように調査する の意
  • 何らかの化学過程で浄化する の意
  • きれいにしながら除去する の意
  • ほこり、汚物または不必要な物質を除去することできれいにする の意
  • 石鹸や水などのような洗浄剤を使って清潔にする の意

流すの類語

  • 液体がない; 液体を排出する の意
  • 液体ですすぐ、洗う、あるいは空にする の意
  • 走らせる の意

濯ぐの類語

  • 石鹸と水で(人の身体)をきれいにする の意
  • 石鹸や残っている汚れを洗い落とす の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi