塗る/刷く の解説 - 小学館 類語例解辞典

塗る/刷く の共通する意味

物の表面に液体などをなすりつけて付着させる。

国語辞書で調べる 塗る 刷く

塗る/刷く の使い方

塗る 【ラ五】
▽板塀をペンキで白く塗る ▽傷に薬を塗る ▽白粉(おしろい)を塗る ▽顔に泥を塗る
刷く 【カ五】
▽ほお紅をうすく刷く

塗る/刷く の使い分け

「塗る」は、塗料、薬品、化粧品類などさまざまなものを、刷毛(はけ)や筆を使ったり、吹きつけたり、また指でなすりつけたりするなど、いろいろな方法で付着させる意。最も一般的で広く用いられ、液体から粉末、固形物にまでいう。[英]to paint(絵の具、ペンキなど); to apply(薬、ペンキなど)
「刷く」は、刷毛を使って薄く伸ばすように付着させる意。白粉や紅などについていうことが多い。[英]to brush

カテゴリ

#衣食住#建築

塗る/刷く の類語 - 日本語ワードネット

塗る の類語

塗料を塗る; 塗装する の意

表面に利用する の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi