• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

研ぐ(とぐ)/磨く(みがく)

  1. [共通する意味]
      ★物の表面をこすって余分なものを除去する。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔研ぐ〕(ガ五)
      ▽砥石(といし)で包丁を研ぐ
      ▽やすりで研ぐ
    • 〔磨く〕(カ五)
      ▽靴を磨く
      ▽ワックスをつけて自動車を磨く
      ▽歯を磨く
  1. [使い分け]
    • 【1】「研ぐ」は、砥石ややすりで刃物の刃をこすって鋭くする意。また、「鏡をとぐ」のように、こすってつやを出す意や、「米をとぐ」のように、米などを水の中で互いにこすり合わせて、汚れなどを除く意でも用いられる。[英]to whet; to sharpen
    • 【2】「磨く」は、みかけをきれいにしたり、つやを出したりするために表面をこする意。転じて、「芸を磨く」「人格を磨く」のように、努力して上達をはかったり、立派なものとしたりする意もある。[英]to polish
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

研ぐの類語

  • 石鹸と水で(人の身体)をきれいにする の意
  • 点を与える の意
  • 非常に発達した、完成した、あるいは洗練された状態に、持っていく の意
  • (表面を)輝かせる の意
  • 革砥を使って研ぐ の意
  • 摩擦することにより研ぐ、砥石の上で の意
  • 砥石で研ぐ の意

磨くの類語

  • 非常に発達した、完成した、あるいは洗練された状態に、持っていく の意
  • 刈り込むか磨くことにより改善するあるいは完璧にする の意
  • (表面を)輝かせる の意
  • きつくこすって掃除する の意
  • やすりで滑らかにする の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi