鉈/斧 の解説 - 小学館 類語例解辞典

鉈/斧 の共通する意味

木を切ったり割ったりするのに用いる厚い鉄製の刃物。

英語表現 an ax a hatchet

国語辞書で調べる 画像 画像

鉈/斧 の使い方

▽鉈で薪(まき)を割る
▽大木に斧を入れる

鉈/斧 の使い分け

「鉈」は、短く厚く、幅の広い刃物。立ち木を払ったり、薪割りをしたりするのに用いる。「鉈をふるう」の形で、思い切った処置をする意に用いられることもある。
「斧」は、頑丈な、厚い刃物に短い柄をつけたもので、木を切り倒したり、割ったり、削ったりするのに用いる。

鉈/斧 の関連語

手斧
(ておの)・(手斧)(ちょうな) 斧でざっと削った材木を、さらに平らにするために用いる鍬(くわ)形の刃物。「ちょうな」は、「ておの」の変化した「ちょうの」から。
木を切るための大型の斧。

カテゴリ

#衣食住#建築

鉈/斧 の類語 - 日本語ワードネット

の類語

取っ手の一方に重い刃のついた刃もの の意

片手で使用される短いハンドルが付いている小さい斧(通常木を切り刻むため) の意

戦闘用の斧から成る武器; 北米のインディアンが使う の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi