• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(と)/扉(とびら)/ドア

関連語
シャッター
雨戸(あまど)
格子戸(こうしど)
網戸(あみど)
  1. [共通する意味]
      ★建物の出入り口や窓、戸棚などの開口部に取り付け、開閉できるようにしたもの。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔戸〕
      を閉める
      がきしむ
    • 〔扉〕
      ▽だれかがをたたいている
    • 〔ドア〕
      ドアをノックする
      ▽回転ドア
  1. [使い分け]
    • 【1】「戸」は、「扉」「ドア」などを含む総称だが、一般的には左右に滑らせて開閉する機構のものについていうことが多い。
    • 【2】「扉」は、蝶番(ちょうつがい)などを軸に回転するようにして開閉する機構のものも左右に開閉するものもいう。また、その形状から、書物の見返しの次にある標題などを記したページや、雑誌の本文の前にある第一ページをいうこともある。
    • 【3】「ドア」は、おもに蝶つがいで開閉する機構で洋風のものをいうが、「自動ドア」の場合は、左右に開閉する機構であるのが普通。また、「ドア」は、出入り口以外には使わない。
  1. [関連語]
    • (シャッター) 金属製の巻き上げ式の戸。ガレージの入り口や、商店の前面入り口などに使われることが多い。また、写真機で、入射光線を必要な時間だけ感光材料に照射するための機構のこともいう。「シャッターを下ろす」
    • (雨戸) 風雨を防いだり、保温や防犯のために、障子、ガラス戸などの外側に設置する戸。「雨戸を閉める」
    • (格子戸) 細長い木や竹を格子に組んだ戸。「格子戸をくぐり抜ける」
    • (網戸) 戸や窓を開け放しにするとき、虫が家に入るのを防ぐために設ける、目の細かい網を張った戸。
  1. [対比表]
    …をあける部屋の…門の…電車の…障子の…
    ドア
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 部屋または建物または車の入り口を閉鎖するだろう揺れるかまたは滑っている柵 の意
  • ドアを通って入る部屋 の意
  • 部屋や建物に入ったり出たりするときに通る壁の中の空間; ドアで閉めることのできる空間 の意
  • 1家族以上のための居住棟として機能する住居 の意
  • 出入り(または脱出)の手段を提供しているもの の意

の類語

  • 部屋または建物または車の入り口を閉鎖するだろう揺れるかまたは滑っている柵 の意
  • タイトル、作者と出版社を示す本のページ の意

ドアの類語

  • 部屋または建物または車の入り口を閉鎖するだろう揺れるかまたは滑っている柵 の意
  • ドアを通って入る部屋 の意
  • 部屋や建物に入ったり出たりするときに通る壁の中の空間; ドアで閉めることのできる空間 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi