• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(すず)/鐘(かね)/鉦(かね)

関連語
半鐘(はんしょう)
  1. [共通する意味]
      ★金属製で、振ったり、打ったりして音を出す器具。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔鈴〕
      ▽猫の首につけたがかわいい音をたてる
    • 〔鐘〕
      ▽山寺の
    • 〔鉦〕
      を叩(たた)いて念仏を唱える
  1. [使い分け]
    • 【1】「鈴」は、裂け目のある球形の空洞の中に小さい玉を入れたもの。振って鳴らす。陶器製もある。
    • 【2】「鐘」は、つり下げて内側や外側を撞(つ)いて鳴らす大型のもの。釣鐘。
    • 【3】「鉦」は、平たい椀(わん)形のもの。たたいて鳴らす。たたきがね。ふせがね。
  1. [関連語]
    • (半鐘) 火の見やぐらの上などにとりつけられて、火災時にたたいて知らせる小型の鐘。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 叩くと音の出る金属製の中が空の装置 の意
  • 筒状の装置の先の広がった口 の意
  • 鐘の形 の意
  • カンパナ

の類語

  • 叩くと音の出る金属製の中が空の装置 の意
  • 筒状の装置の先の広がった口 の意
  • ハンマーで打たれる1セットの調整されたベルから成る打楽器; オーケストラ楽器として使われる の意
  • 鐘を打つ音 の意
  • 鐘の形 の意
  • カンパナ

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi