• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

覆い(おおい)/カバー/上包み(うわづつみ)

ブックマークへ登録
関連語
被覆(ひふく)
  1. [共通する意味]
      ★物の表面にかぶせて、中を見えなくしたり、中の物を保護したりするもの。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔覆い〕
      ▽窓に目かくしの覆いをつける
      ▽電灯の覆いを取る
    • 〔カバー〕
      ▽本に布製のカバーをかける
      ▽ワープロにカバーをする
      ▽布団カバー
    • 〔上包み〕
      上包みを解く
      上包みがきれいだ
  1. [使い分け]
    • 【1】「覆い」は、中の物が見えないようにするために表面にかぶせるもの。布、ビニールなどを表面に広げてのせるほか、その物に密着せず、中を隠すものをさしてもいう。
    • 【2】「カバー」は、ふつう、物の表面を密着しておおうものをいう。「本のカバー」「おむつカバー」「枕(まくら)カバー」のように、いつもその物に密着して、その物とともに使われるようなものは、「覆い」はあまり使われない。「自動車に覆い(カバー)をかける」のような場合は、「覆い」「カバー」は、同じように用いられる。
    • 【3】「上包み」は、物の上をおおい包むもの。包装。
  1. [関連語]
    • (被覆) 「覆い」「カバー」「上包み」は、簡単に取り外したり中をのぞいたりすることができるが、「被覆」は、物の表面に付着して、簡単には取り外せないようにおおうこと、またおおっているものをいう。「コードのビニールの被覆をはがす」
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

覆いの類語

  • それが見えないようにする事で何かの存在を秘密にする行為 の意
  • 日よけとして用いられる垂れ下がった布(特に窓のために) の意
  • 何かを隠したり保護したりするのに役立つ覆い の意
  • 何かの囲い、または外の覆い の意
  • 覆う、あるいは包む自然物 の意

カバーの類語

  • 損失や傷害を補償する行為 の意
  • 保険によって保護する の意
  • それが見えないようにする事で何かの存在を秘密にする行為 の意
  • 覆うカバーを形成する の意
  • 幕のようなもので覆う の意
  • 未来の問題に対処する行動をとる の意
  • 範囲に含む; より幅広い何かの一部として含む; その人の活動範囲または領域として持つ の意
  • 提供する の意
  • 何かを隠したり保護したりするのに役立つ覆い の意
  • 本のための紙のカバー; 通常販促情報が印刷されたカバー の意
  • 覆う、あるいは包む自然物 の意

上包みの類語

  • 包んだり覆ったりするものの総称 の意
  • 手紙、細いパッケージ、などのための平らな(通常長方形の)容器 の意
  • 風船にガスが入っているバッグ の意
  • 何かを隠したり保護したりするのに役立つ覆い の意
  • あるシステム(特に航空機)の最大の運転能力 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。