裸/身一つ/文無し の解説 - 小学館 類語例解辞典

裸/身一つ/文無し の共通する意味

金や財産が全くない状態。

英語表現 penniless

国語辞書で調べる 身一つ 文無し

裸/身一つ/文無し の使い方

▽会社が倒産して裸になる ▽火事で裸になった
身一つ
▽身ひとつで何も持たない ▽身ひとつから財を成す
文無し
▽家も職もなく文無しだ ▽この島では文無しでも暮らしていける

裸/身一つ/文無し の使い分け

「裸」「身一つ」は、金だけでなく、財産、持ち物のすべてがない状態をいうのに対して、「文無し」は、金の全くない状態のみをいう。
「身一つ」は、ただその人だけという意味でも用いられる。

裸/身一つ/文無し の関連語

裸一貫
もっぱら男性に対して用いる。体以外は何の資本もないことを表わす。「裸一貫からたたきあげた」
素っ裸・丸裸
「裸一貫」と同じく、体以外には財産など全くないことを表わす。「すっ裸で出直しだ」「火事で丸裸になった」
身すがら
身ひとつ。「すがら」は、「それだけ」の意の接尾語。財産も持ち物もなく、頼りになる親、兄弟などもいないこと。「身すがら旅に出る」
無一文
金を全然持たないこと。「株で失敗して無一文になった」
無一物
金も持ち物も全くないこと。「むいちぶつ」とも。「天涯孤独無一物の境涯」
おけら
もとは博徒の隠語。所持金が全くなくなった状態。「競馬ですって、おけらになった」
素寒貧
ひどく貧乏で体以外に何も持たないことを表わす俗語。「店がつぶれて素寒貧になった」
すってんてん
金をすっかり使い果たして、なくなってしまったことを表わす俗語。「ばくちで、すってんてんになってしまった」

裸/身一つ/文無し の類語対比表

裁判に負けて…になるばくちで…にされる…で出直す
身ひとつ
文無し

参照

裸⇒裸/裸体/裸身 素っ裸⇒裸/裸体/裸身 丸裸⇒裸/裸体/裸身

カテゴリ

#社会生活#生計

裸/身一つ/文無し の類語 - 日本語ワードネット

の類語

いかなる衣服または覆いも着けていない状態 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi