サボタージュ/怠業 の解説 - 小学館 類語例解辞典

サボタージュ/怠業 の共通する意味

労働者の争議戦術の一つとして、仕事の能率を低下させること。

国語辞書で調べる サボタージュ 怠業

サボタージュ/怠業 の使い方

サボタージュする
▽サボタージュの指令が出る ▽全員でサボタージュする
怠業
▽職場ごとに怠業に入る

サボタージュ/怠業 の使い分け

「サボタージュ」は、略して「サボ」ともいう。
「サボタージュ」「サボ」は、一般的に仕事や学業などを怠ける意にも使われる。この場合、「サボ」は、「授業をサボる」のように、「サボる」と動詞化して多く使われる。

カテゴリ

#社会生活#勤務・仕事

サボタージュ/怠業 の類語 - 日本語ワードネット

サボタージュ の類語

財産を破壊する、または正常な活動を妨げる の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi