サラリーマン/勤め人/勤労者/労働者/会社員 の解説 - 小学館 類語例解辞典

サラリーマン/勤め人/勤労者/労働者/会社員 の共通する意味

働いて得た収入で生活する人。

国語辞書で調べる サラリーマン 勤め人 勤労者 労働者 会社員

サラリーマン/勤め人/勤労者/労働者/会社員 の使い方

サラリーマン
▽会社勤めのサラリーマン ▽サラリーマン金融
勤め人
▽役所の勤め人 ▽勤め人風の人
勤労者
▽勤労者を表彰する ▽選挙で勤労者の支持を得る
労働者
▽日雇いの労働者 ▽労働者階級
会社員
▽犯人は会社員風の男だ

サラリーマン/勤め人/勤労者/労働者/会社員 の使い分け

「サラリーマン」「勤め人」は、給与生活者。[英]a salaried man
「勤労者」は、給与生活者、商工業者、農民、労務者などの総称。[英]a worker
「労働者」は、労務を提供して賃金、給料を受けて生活する人の総称。[英]a laborer
「会社員」は、会社に雇われて業務についている者。「サラリーマン」「勤め人」と同様に、給与生活者の意で使われることも多い。

サラリーマン/勤め人/勤労者/労働者/会社員 の関連語

ビジネスマン
会社員、事務員。一般的には商社などの社員をさすことが多い。
ホワイトカラー
事務労働者。
グレーカラー
電子計算機やオートメーション機器などの技術的な仕事に従事する労働者。
ブルーカラー
直接生産に携わる工場労働者などをいう。

カテゴリ

#社会生活#職業

サラリーマン/勤め人/勤労者/労働者/会社員 の類語 - 日本語ワードネット

サラリーマン の類語

ある特定の職で働く人 の意

仕事をするために雇われた労働者 の意

勤労者 の類語

ある特定の職で働く人 の意

労働階級に属する人(必ずしも職を得ていなくともよい) の意

労働者 の類語

給料のために肉体労働をする人々から成る社会的階級 の意

ある特定の職で働く人 の意

労働階級に属する人(必ずしも職を得ていなくともよい) の意

単純労働または産業労働に従事する被雇用者 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi