• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

横座り(よこずわり)/あぐら/立て膝(たてひざ)/割り膝(わりひざ)

  1. [共通する意味]
      ★姿勢をくずした楽な座り方の種類。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔横座り〕スル
      ▽正座に疲れたので横座りする
    • 〔あぐら〕
      あぐらをかく
      あぐらを組む
    • 〔立て膝〕
      立てひざで髪を洗う
    • 〔割り膝〕
      割りひざで座る
  1. [使い分け]
    • 【1】「横座り」は、足を横に出し、姿勢をくずして座ること。多く女性が行う座り方。
    • 【2】「あぐら」は、両足を前に楽に組んで座ること。「あぐらをかく」は、「名声の上にあぐらをかく」のように、おかれた立場でいい気分になる意を表わすこともある。「胡座」と当てる。
    • 【3】「立て膝」は、片方のひざを立てた形で座ること。休息のためというより、他の動作を行うために一時的に体を安定させる目的ですることが多い。作法上は好ましくない座り方とされている。
    • 【4】「割り膝」は、両方のひざ頭を離して座ること。昔、男子の礼儀正しい座り方とされた。
  1. [分類コード]