• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

過密(かみつ)/すし詰め(すしづめ)/稠密(ちゅうみつ)/目白押し(めじろおし)

  1. [共通する意味]
      ★人または物が一か所にすき間もないほどたくさん集まっていること。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔過密〕(名・形動)
      ▽人口が過密な地域
      ▽都市の過密
    • 〔すし詰め〕
      すし詰めの電車
    • 〔稠密〕(名・形動)
      ▽人口稠密の地
    • 〔目白押し〕
      ▽十二月は忘年会の予定が目白押し
      ▽夜店が目白押しに並ぶ
  1. [使い分け]
    • 【1】「過密」は、人口などのほかに、列車のダイヤやスケジュールなどについてもいう。[英]overcrowding
    • 【2】「すし詰め」は、人や物がすき間なくぎっしり詰まっていること。話し言葉として用いられる。
    • 【3】「稠密」は、人や家屋が一か所に多く集まっていること。「稠」は稲が密生する意。文章語。
    • 【4】「目白押し」は、人が先を争うように大勢集まってきて、込み合うこと。メジロが枝にとまるとき、仲間を押し合うようにして並ぶところからいう。
  1. [反対語]
      ▼過密⇔過疎
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

稠密の類語

  • 緊密に込み合った部分を持つ の意
  • 鬱々たる
  • 濃い
  • 木ぶかい
  • 鬱葱たる
  • 蓊鬱たる
  • 鬱蒼たる
  • 深い
  • 鬱然たる
  • うっそうたる
  • 蔚然たる
  • 木深い
  • 濃密
  • 蓊欝たる
  • 濃いい
  • いっぱいにされるか、ぎっしり詰まるか、集中される の意
  • 一貫性があり比較的濃い の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi