• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

カルテル/トラスト/コンツェルン/シンジケート

  1. [共通する意味]
      ★企業の独占形態。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い分け]
    • 【1】「カルテル」は、同一産業部門の企業間で、価格、生産量などを協定し、市場における競争を制限、排除し、利潤を確保しようとするもの。「企業連合」とも。
    • 【2】「トラスト」は、同一産業部門の諸企業が、資本的支配関係を通じて強固な独占体に統合されること。参加企業は、その商業上、生産上、法律上の独立性を失う。「企業合同」とも。
    • 【3】「コンツェルン」は、出資、株式参加などの金融的方法によって形成する独占的企業集団のこと。独占の最高形態で、各企業は実質的には中心となる巨大企業や銀行の支配、統制を受けている。わが国の旧財閥など。
    • 【4】「シンジケート」は、カルテルの発達したもので、市場の統制を一つの共同販売機関によって行うもの。また、大規模な犯罪組織をいうこともある。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

カルテルの類語

  • 製品やサービスの製造販売をコントロールすることによって競争を制限するためにつくられる独立組織のコンソーシアム の意

トラストの類語

  • 製品やサービスの製造販売をコントロールすることによって競争を制限するためにつくられる独立組織のコンソーシアム の意
  • 事態が順調に行くだろうという、確固とした見込みがある状態 の意

シンジケートの類語

  • 組織化された犯罪活動担当のギャングのゆるい提携 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi