• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

もがく/あがく/悶える(もだえる)/のた打つ(のたうつ)

関連語
のた打ち回る(のたうちまわる)
身悶え(みもだえ)
  1. [共通する意味]
      ★苦しんで手足や体全体を激しく動かす。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔もがく〕(カ五)
    • 〔あがく〕(カ五)
    • 〔悶える〕(ア下一)
    • 〔のた打つ〕(タ五)
  1. [使い分け]
    • 【1】「もがく」「あがく」は、苦しい状態から逃れようとする場合に使う。「あがく」の方が、より絶望的な状況で使われる。
    • 【2】「もがく」「あがく」は、精神的に苦しみ焦っていらいらする意味にもなる。特に「あがく」は、「最後のあがき」「悪あがき」など、むだな努力をする意味で使われることが多い。
    • 【3】「もだえる」は、苦しみに耐えきれず体を動かす場合をいうが「恋にもだえる」のように、思い悩む意味で使われることも多い。
    • 【4】「のた打つ」は、地面に転がり、体を地面に打ちつける状態をいう。
    • 【5】「あがく」は「足掻く」とも書き、馬が足で地面を蹴(け)り前進しようとする場合にも使う。
  1. [関連語]
    • (のた打ち回る) (ラ五)苦しんで転げ回る意味を強調する言い方。「激痛でのた打ち回る」
    • (身悶え)スル 実際に体を動かす場合は、「もだえる」よりこの語を一般に使う。「身もだえして泣く」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    小鳥が手から逃れようと…試験前日に今さら…ても無駄だ激痛に身を…撃たれた野牛が…て苦しむ
    もがく-い○-い○
    あがく-い○-い-
    もだえる-え--え△
    のた打つ-っ--っ○
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

あがくの類語

  • 反対に対して懸命な努力をする の意

悶えるの類語

  • 関心を持つ の意
  • 胸を痛める、憂慮している、案じている、問題を抱えている、または不安である の意
  • ねじったり、よじったりして動くこと(特にもがいているとき) の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi