• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

末世(まっせ)/末の世(すえのよ)/濁世(じょくせ)

  1. [共通する意味]
      ★道徳がおとろえ、けがれた世の中。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い分け]
      三語とも、仏教語。「末世」は、末法の世のことで、一般に人の道のすたれた時代のこともさす。「末の世」は、その訓読み。「濁世」は、にごりよごれた世の意で、今の世の中、現世をさす。
  1. [分類コード]