• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

外国(がいこく)/海外(かいがい)/異国(いこく)/他国(たこく)

関連語
異邦(いほう)
異境(いきょう)
異郷(いきょう)
他郷(たきょう)
外つ国(とつくに)
  1. [共通する意味]
      ★自分の国以外のよその国。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔外国〕
      ▽原料を外国から輸入する
      外国
    • 〔海外〕
      ▽企業が海外に進出する
      海外勤務
    • 〔異国〕
      異国の地を踏む
      異国に骨を埋める
      異国情緒
    • 〔他国〕
      他国からの侵略を防ぐ
  1. [使い分け]
    • 【1】「海外」は、海を隔てた向こうの国の意で、不特定の国をいう場合が多い。「外国」より「海外」の方が、日本という枠から外へ出るという意識が強い。また、「この国の自動車産業は近年海外への進出がめざましい」のように、厳密には海を隔てているかどうかということは問わない。
    • 【2】「異国」は、古めかしい語。ただよその国というだけでなく、言葉や風俗・習慣が違っている国という意識で使われる。
    • 【3】「他国」は、生まれた国でない特定の国をさす。
  1. [反対語]
      ▼他国⇔自国
  1. [関連語]
    • (異邦) 自分の生まれた国とは文化や風習が違うよその国。文章語。「異邦人」
    • (異境・異郷・他郷) 自分の育った国や土地を遠く離れたよその土地。文章語。「異境の空をながめて、母国を思う」「異郷をさすらう」「他郷にさすらう」
    • (外つ国) 「外国」の意の文章語。「外つ国の風物を一度見たい」
  1. [対比表]
    …に行く…暮らしが長い…へ雄飛する…の土となる
    外国
    海外
    異国
    他国
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

外国の類語

海外の類語

  • 海の向こうの場所で の意
  • 外国で

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi