国民/人民/民 の解説 - 小学館 類語例解辞典

国民/人民/民 の共通する意味

国家、社会を構成し、組織している人々。

英語表現 the people the citizens

国語辞書で調べる 国民 人民

国民/人民/民 の使い方

国民
▽国民の知る権利を守っていく ▽国民の声を政治に反映させる ▽国民的英雄
人民
▽人民の人民による人民のための政治
▽民の声に耳を傾ける

国民/人民/民 の使い分け

「人民」は、ふつう、支配者に対して一般の人々をいう。
「民」は、君主や帝王に対して、その支配下にある人々、つまり臣民の意に使われることもある。また、国家とは関係なく、「流浪の民」「遊牧の民」などと、群れをなした人々の意にも使われる。
「国民」「人民」は、「国民大会」「国民年金」「国民総生産」「人民戦線」など、複合語としても使われる。

国民/人民/民 の関連語

同胞
同じ国に生まれた、祖国を同じくする人々。「海外の同胞に援助の手をさしのべる」
民草・蒼生・蒼氓
人民を生い茂る草にたとえていう語。文章語。「たみくさ」は、「たみぐさ」ともいう。「民草のうれいをきく」「一億の蒼生のために」「蒼氓を慈しむ」
臣民
君主に対して、臣としての国民。「臣民として忠誠を誓う」
赤子
天子などを父母にたとえて、その子としての人民。文章語。
万民
すべての人民。文章語。「この政策は万民によって支持される」

国民/人民/民 の類語対比表

わが国の一億の……裁判遊牧の…相手の国の…性を理解する
国民
人民

カテゴリ

#社会生活#国家・政治

国民/人民/民 の類語 - 日本語ワードネット

国民 の類語

一般大衆 の意

州または国の一般人の集まり の意

ある政府の公民である人々の集まり の意

国または地方に住んでいる人々 の意

その国家に忠誠の義務をもつ人 の意

ある国、または、別の政治共同体に属する生来の、または、帰化した構成員 の意

人民 の類語

一般大衆 の意

州または国の一般人の集まり の意

国または地方に住んでいる人々 の意

ある国、または、別の政治共同体に属する生来の、または、帰化した構成員 の意

の類語

州または国の一般人の集まり の意

国または地方に住んでいる人々 の意

その国家に忠誠の義務をもつ人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi